五戸町「本場中国料理 ハルピン飯店 五戸本店」(110杯目)

2010年10月09日 15:54

110

この日も出前教室で出張ぉ~

その前に腹ごしらえ

馬肉で旨し!の五戸町の
中華が旨し!の「本場中国料理 ハルピン飯店 五戸本店」さん
2回目の訪問
1-1.jpg

1-2.jpg

お目当ての五目チャーハン400円&ラーメン300円
1-3.jpg

鶏ガラのスープがこの麺との相性バッチがグーで
1-4.jpg

パラパラでなかジュワァーのチャーハンが何とも言えず
1-5.jpg
大man&zokuでした。

1-6.jpg

過去記事1

場所はココです!(本場中国料理「ハルピン飯店 五戸本店」さん)



腹12分目になり、お仕事

親子での授業ということで、
man好みのおかあさんたち(おとうさんも何人か)も子どもと一緒にお勉強

調子こいたmanは、講義編を20分もオーバーしてしまい^^:
その後の観察編、体験編で時間調整しようとも、やはり10分オーバー
100分を超えてしまいました。
1-7.jpg

今度は時間どおりで、授業終えよう!





by KARAの「ミスター♪ ミスター♪」を聴くと長嶋さんと鈴井社長を頭に浮かんでしまうman


スポンサーサイト

完全制覇の旅「本場中国料理 ハルピン飯店 五戸本店」(五戸町)(99杯目)

2010年09月04日 18:06

99

いよいよ、残りの市町村は というと
県南地域が多く、

まずは、「馬肉料理が旨し!」の五戸町で「旨し!ラーメン」を食べるということで、
五戸町へGO!

なかなか五戸町ラーメン情報がなかったのですが、
「中国料理 ハルピン飯店」さんに決定
IMGP1935_20100904183523.jpg

IMGP1933_20100904183542.jpg


メニューを見ると
どれも安く、
ラーメンと玉子チャーハンは300円となっています。

「ラーメンと五目チャーハンお願いします。」
と言ったあとに、
「酸っぱい辛いメン500円」が目に入り、
「ラーメンを酸っぱい辛いメンに変更してください。」
IMGP1906_20100904183614.jpg

「酸っぱい辛いメン」到着~
IMGP1908_20100904183658.jpg

IMGP1909_20100904183722.jpg

ご覧のとおり、スープが熱いので、
丼の底から熱湯温泉のようにpuku&pukuと泡が^^スープの表面に顔を出します

この日も30度を超える中、
扇風機が冷房施設であるお店で食べる
あっつ&あっつのラーメン

汗も出ますが、舌も真っ赤になります^^

メニューどおり、
すっぱーで
熱すぎて辛さはさほど感じないというか、
辛さも増して熱いのか

具は玉子、海老以外はすべて短冊切りで、
豆腐、きゅうり、たけのこ、きくらげ、チャーシューが、
IMGP1926.jpg

チャーシューが「ちょっと豚肉?もしかして、馬?牛?」という感じだったので、
おかみさんに「何の肉ですか?」とクエスチョン?
すると「豚のモモ」とのこと。
「細かく切っているけど、1枚分入っているよ。」とのこと

具だくさんであつあつ、酢っぱメン
おいしゅうございました。

この酢っぱ辛らぁーめんのグッドパートナーの
五目チャーハンも到着
IMGP1921.jpg

海老まで入っているこの五目チャーハン

これまでのman45yearのlifeで、
maybe

パラパラ&ツヤツヤ&イキイキ
うーーん 旨し!

また食べたい again many times

五戸町の本場中国料理店、ブラボー

十和田市にもお店がありますぞ。

おかみさんに、酸っぱい辛いメン=スーラータンメン?とクエスチョンすると、
「酢っぱい辛いスープがそもそもあって、それに麺を加えたのよ」だそうです。



それでは、manTシャツの青森県地図を赤マジックで塗ると、
地図五戸


by これで2回目ですが、プラズマテレビがこんなに早く壊れることに、いまだに納得していない angry "hot" man




最新記事